申込み前には仮審査を利用すると安心

金融業者のサービスの一環として申込みを行う前に簡単な仮審査を受けることができるようになっています。

 

この仮審査はシミュレーション診断やお試し診断などとも呼ばれており、審査に受かるかどうかどうかやまた借入可能金額などがおおまかにわかるというサービスです。

 

このサービスを利用することのメリットは申込みする前に自分は審査に通るのかどうかがわかるので、無駄な申込みを省くことができるだけでなく、金融商品に申込みするとその情報は全て信用情報機関にのってしまいます。

 

そのため申込みして審査に落ちる、また申込みして審査に落ちるなど繰り返してしまうと信用問題にも関わってきてしまうのです。

 

しかし事前にわかればこのようなことも回避することができるのです。特集:審査に通りやすいカードローンはあるの?

 

仮審査について

 

金融業者の商品によっては審査を受けたところ再審査になってしまうこともあり、再審査の場合は最初の審査よりも厳しめになる場合もあります。

 

そのため審査はできるだけ1度でクリアしたいものですよね。各金融業者が行っている仮審査について簡単に説明していきたいと思います。

 

仮審査の流れとは?

 

仮審査は金融業者の公式サイトから利用することができます。いくつかの簡単な項目を入力するだけで利用できるようになっています。

 

例えばこのような情報の入力が求められることがあります。年齢、性別、国籍そして年収、雇用形態、勤務年数、また持ち家か賃貸かなど、そして他社からの借入金額、最後に融資希望金額などが一般的です。

 

これらの内容をもとに仮の審査が行われるのですが、審査に通りたいがために虚偽の申告をしても後でわかってしまいます。

 

仮審査の結果について

 

審査の結果についてですが、必要事項を入力し診断するとその場で融資が可能かどうかわかるようになっています。

 

またもう1つのパターンとしては希望融資金額を入力して審査受けるという方法もあります。希望した金額が可能かどうか、また可能でない場合であってもいくらまでであれば融資可能かなどがわかるようになっています。

 

カードローンは仮審査に受かっても安心できないって本当?

仮審査の後には本審査がある

 

カードローンに申込みすると仮審査が行われてその後本審査になるのですが、この仮審査と本審査にはどのような違いがあるのか知らない人も多いと思います。カードローン初心者の方であれば2回も審査が行われること自体が知らなかったという人もいるはずです。

 

仮審査はコンピュータで行われる

 

カードローンに申込みするとまず仮審査が行われるのですが、これは申込み時に記入した内容などをもとにコンピューターにて自動審査が行われるものです。

 

これはふるいにかけられているようなものであり大まかな審査が行なわれているだけでなのです。カードローンの審査が早くなった理由はこのコンピューターによる自動審査が取り入れられたからなのです。

 

仮審査通過だけでは安心できない

 

しかし仮審査に通ったからといって安心はできません。今度は本審査が行われるのです申込者の情報を基にさらに審査されて、勤務先への在籍確認なども行われます。そのため仮審査に通った人であっても本審査によって落とされてしまう可能性は十分にあるのです。

 

例えば在籍確認した際に会社に在籍していないことが発覚してしまったり、また他社からの借入金額や年収などをごまかして書いた場合などでも本審査によってばれてしまいます。

 

もし不安な要素があったとしても嘘の申告をしてしまうとさらにマイナスのイメージを持たれてしまうのでやめた方がよいでしょう。

 

銀行よりも消費者金融のカードローンのほうが審査に通りやすいと言われていますが、最近では銀行であっても即日融資に対応していたりパートやアルバイトの方でも利用できるカードローンも増えてきています。そのため以前よりも審査は通りやすくなっているようです。

キャンセル希望したい場合、どうすればいい?

キャンセル希望ならカードローン発行前に

 

カードローンの申し込みは終わったが、やはり思い直してキャンセルをしたいというような時はあると思います。しかし、カードローンの仮審査が終わった段階でキャンセルを行うことができるのでしょうか?

 

実はカードローンの申し込みが終わった後でカード未発行の状態であれば、キャンセルはできます。その方法とはすぐにカード会社へ連絡をし、キャンセルしてもらうようにしましょう。審査が終わってしまえば難しいですから、審査前に早くキャンセルしてもらうようにしましょう。

 

審査後にカードローンの申し込みをキャンセルしたいと申し出ても難しい場合がありますし、年会費請求をされてしまう可能性もあります。ですからカードローンの発行スピードに追い付くために、キャンセルをしたければ素早く行動を起こすことが大切です。

 

キャンセルしないために考えておくこと

 

ここで注意したいのが、カードローン、そしてクレジットカードの情報というのは信用情報機関に残るということです。たとえばあなたが申込み後にすぐキャンセルをした場合、その情報は不審データという形で情報に残ります。

 

結果として、次回以降のカード申し込みができなくなってしまう恐れもあるので、キャンセル希望の場合はあまり考えずに素早く処理を行いましょう。

 

最も大切なことは、キャンセルをする前に本当にそのカードローンが自分に必要なのか知ることです。申し込んだ後でキャンセルするよりも、申し込み前にしっかり考え、キャンセルすることのないようにしましょう。